制作会社に依頼をすると数十万円から百万円を超えることもあるホームページの制作。

「ホームページは作りたいけれど、なるべくお金はかけたくない。」

そう考える人は非常に多いのではないでしょうか。

この記事ではなるべく費用をかけずにホームページを作成する方法についてまとめます。

今後ホームページの制作を考えている人にって参考にして頂ければ幸いです。

 

補助金でホームページ制作をご検討の方

当事務所では補助金についてのお問い合わせをお受けいたしております。
初回ご相談は無料です。(1時間)
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。092-292-7637受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝対応可 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください

なるべく費用をかけずにホームページを作成するために、自分でホームページを制作できないか考えますよね。

ホームページを自作する主な方法は以下の通りです。

・HTML・CSS等プログラミング言語を活用して制作する
・ホームページ作成ツールを活用する
・ワードプレス等のCMSを活用する

HTML・CSS等プログラミング言語を活用して制作する

簡単なデザインや仕組みのホームページであれば、HTMLやCSSなどのプログラミング言語を活用して作成することも可能です。

ただし、まず最低限のプログラミング言語を習得する必要があること。

また、デザインやシステムのトラブル発生時の対応など、知識が少ない人にとっては、ハードルは高くなるのではないでしょうか。

HTML・CSS等プログラミングで作成

【メリット】
・枠にとらわれず柔軟性の高いページが作成できる。
・費用がほとんどかからない 。

【デメリット】
・プログラミング言語の知識が必要となる。
・トラブル発生時の対応が難しい。

ホームページ作成ツールを活用する

ホームページビルダーやジンドゥーなどのホームページ作成ツールを活用する方法もあります。

これらのホームページ作成ツールでは、テンプレートが豊富に用意されており、初心者でも感覚的にホームページをデザインすることが可能です。

また、レンタルサーバーを用意する必要がないサービスもあり、デザインを制作後すぐにホームページを公開できるというメリットがあります。

ただし、感覚的に簡単に作成できる反面、デザインの自由度が低く、新たな機能の追加を行いにくいというデメリットがあります。

ホームページ作成ツールを活用

【メリット】
・テンプレートやパターンが用意されており感覚的にホームページを作成できる。
・サーバーやドメインを準備する必要がないサービスもあり。

【デメリット】
・デザインや機能の自由度には制限がある。
・サーバー移管ができないなどの場合もある。
・有料ツールの場合は費用がかかる。

ワードプレス等のCMSを活用する

WordPress(ワードプレス)等のオープンソースCMSを活用するという方法もあります。

特にワードプレスは世界のホームページの40%を占めると言われているほど普及しているCMSです。

個人的にもホームページの自作をするのであれば「ワードプレス」をおすすめしたいです。

ワードプレスは、普及していることで多くのプラグインやテーマがリリースされており、非常に拡張性の高いシステムになっています。

その上である程度初心者でも触りやすいシステムのためバランスが非常にいいです。

またプラグインを活用することでSEO対策も非常にしやすくなっており、WEB集客においても優秀です。

ただ、ホームページ制作ツールに比べると、とっつきにくい部分はあり、サーバーやドメインの準備も必要になるというハードルはあります。

ワードプレスを活用

【メリット】
・テーマやプラグインなどの拡張性が高い。
・SEO対策がしやすく集客に強い。

【デメリット】
・使いこなすにはある程度の知識が必要となる。
・ドメインやレンタルサーバーの準備が別途必要となる。

格安ホームページ制作会社を探す

ホームページの制作にお金はあまりかけられない、でも自分で作成するのは難しい。

その場合は、安価でホームページを制作してくれる制作会社を探すのも一つの手です。

「5万円ポッキリで制作!」「初期費用無料!」など、低価格を売りにした制作会社も多く存在します。

しかし価格が安いことには必ず理由があります。

デザインが数種類しか選べない、修正や更新は別途料金がかかる、細かい要望には対応できない、など。

自分が制作したいホームページの用途をしっかり考えた上で、制作会社を選定する必要があります。

格安ホームページ制作会社

【メリット】
・費用が抑えられる

【デメリット】
・制作における自由度が低い可能性
・アフターサービスが弱い可能性

いのうえ

業者の選定は非常に難しいと思います。蓋を開けてみないとわからないことが多いです。

補助金を活用してホームページを制作する

国や自治体の補助金を活用してホームページ制作の費用負担を軽減するという方法もあります。

ホームページの制作に活用できる補助金は多数存在します。

ホームページの制作に使える補助金まとめ【2021年】

ビジネスを行う上で、ホームページの活用は必須の時代といえます。ホームページの制作に補助金を活用したいと考える事業者も多いかと思います。補助金について理解をして…

補助金を活用し、自己負担を軽減できることでホームページ制作方法の選択肢を広げることが可能になります。

ただし補助金は、申請すれば必ずもらえるものではありません。

要件を満たして、事業計画書が採択されないと補助金は給付されません。

しっかりとした計画と実施体制を整えてから補助金の申請を行う必要がありますね。

補助金を活用して作成

【メリット】
・自己負担額を大きく抑えることができる

【デメリット】
・かならず給付されるわけではない。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はなるべく費用をかけずにホームページを作成する方法についてまとめました。

費用をかけずにホームページを作成する方法は多く存在します。

最も重要なのは予算だけではなく、ホームページを制作する目的に一番あった方法を見つけることだと思います。

名刺代わりにちょっとした企業情報をWEB上に上げたいのであれば、自作のホームページで充分かと思います。

ただし、今後大きく展開する自社ブランド商品を宣伝したいのであれば、しっかりした制作会社に依頼する必要が出てきます。

このように、まずはなぜホームページを作成する必要があるのかを考えた上で、制作方法を検討すべきかと思います。

参考にして頂ければ幸いです。

補助金でホームページ制作をご検討の方

当事務所では補助金についてのお問い合わせをお受けいたしております。
初回ご相談は無料です。(1時間)
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。092-292-7637受付時間 9:00-18:00 [ 土日祝対応可 ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください

投稿者プロフィール

そよぎ行政書士事務所 井上 護
そよぎ行政書士事務所 井上 護
1980年生まれ。A型。福岡在住の行政書士。2級FP技能士。
40歳にして脱サラ。令和2年度行政書士試験に合格し「そよぎ行政書士事務所」を開設。許認可業務に加えWeb制作も行う。